So-net無料ブログ作成

パリのアメリカ人2/2昼・夜:東京 [観劇]

初めて行く渋谷で、ハチ公の写真取ったり、スクランブル交差点を外国人の観光客に混じって撮影したり、完璧におのぼりさんでした。
テレビで観ていたものが目の前で見られるって、面白いですね。

母にスクランブル交差点の写真を見せたら、「何これ、全部人!?」と言ってました。


さて、迷いつつもなんとかたどり着きました、東急シアターオーブ。方向音痴に初めての場所は大変です。

広い劇場ですね~。座席のクッションふかふか。

早速パンフを買って、座席で読む。
そして、また、やられましたよ・・・。
いや、単に私の怠慢なんですけどね・・・。

「パリのアメリカ人」は初見だし、登場人物の名前がカタカナなので、なかなか覚えられない・・・。
出演候補に加藤迪さんの名前があったので、「加藤さんがキャスティングされているのはアンリか、今日は誰だったっけ?」とキャスト表をみたら、加藤さんの名前が!

あれ!? 月曜日のキャスト発表では名前無かったよ? と思ってキャスト表をちゃんと見たら、さらにあれ? アダム役のはずの斎藤洋一郎さんの名前が無い!

やられた~! キャストが変更されてる~! 斎藤さんが出演されるとばっかり思ってたのに~。

まあ、四季のキャスト発表は予定だからね・・・。
斎藤さんが見られないのは残念でしたが、加藤さんはとってもうれしい!

見る前にちゃんとチェックしておいてよかった。始まってからあれ?ってなったら、舞台に集中できない・・・。



※ネタばれがあるので、まだご覧になっていない方はご注意ください。




バレエについては素人なので、どれだけすごいことをやってるのかはわからないんですが、それでも優雅で美しく、すばらしいのはわかります。
舞台上でたくさんの人が踊っているんですが、足音がしない!

ジェリー役の酒井大さんと、リズ役の石橋さんのペアのダンスは美しいですよ~。
踊りっぱなしなので、大変だなぁと思います。それも土曜日は2回公演。
2回もよく踊れるもんだ・・・。

2幕に踊りっぱなしのシーン(An American in Paris)があるんですよ。14分間あるそうな。
ずっと二人で踊っているわけではないですが、見飽きません。どれも美しくてすごいです。


主役のジェリーなんですが、キャラクターとしてあんまり好きになれない・・・。
ポジティブで人の話を聞いていない!そして悪気がない!(笑)
リズが振り回されるのがわかる・・・。
これが松島勇気さんがやっても同じ感想になるのかわからないので、やはり松島さんが出演されるときに観にいかなくては!


今回アダム役だった俵和也さんは、役の雰囲気にばっちりの方で、少し斜めなものの言い方とかとってもよかったです。
パリのアメリカ人は、キャストが舞台上でタバコを吸うんですが、とても効果的に使われています。
オペラグラスを忘れたので、お顔をはっきり見ることはできなかったんですが、なんとなくイメージ的に高橋一生さんみたいな雰囲気でした。

あ、昼公演でセリフをとちっていた気がします。初見ですが、あれ?っと思ったんですよね。夜公演ではそれがなかったので、やっぱりとちっていたのかと・・・(笑)


マイロ役の岡村美南さんもタバコを吸われます。けどすごくいい。小道具として使うタバコの効果的なこと!
あと、衣装が何度も変わるんですが、どれもすてきです。あんなの着たいなぁとは思いますが、体型がばれるので無理ですな。
そして歌がとてもうまい! しっとり伸びのある声で、うまいあなぁと思います。(ほめ方の語彙が足りない・・・)


歌がうまいといえば、加藤さんです!
もともとマンカストラップ役で、歌がうまいし、声もいいのは知っていましたが、パリのアメリカ人ではピカイチです!
そりゃ、ミュージカルスターを目指している役なので、うまくないと話が成立しないんですが、広いホールに朗々と響く歌声!
1幕の「I Gat Rhythm」は、加藤さんとは気がつかなくて、「めっちゃうまい人がいる!」と興奮しました。
ホールの音響もいいんでしょうね。ホール中に響く歌声は、一見の価値あり!

二幕にアンリのショーのシーン(I'll Build a Stairway to Paradise)があるんですが、これ主役を食う勢いです。それくらい際立った歌のうまさで、目立ちます。
まあ、主役はメインがバレエなので、ソロで歌うことは少ないんですが。

昼公演を見終わった後、夜公演でまたそのシーンが観られると思ったら、ワクワクしましたね。
加藤さんで、劇団四季版の「パリのアメリカ人」のCDが出たら絶対買う!

あの広いホールで、もう1回聴きたいな。


昼公演は上手側端近く、夜公演はセンターブロックだったんですが、観るならやはりセンターブロックです。
端の席では、やはり舞台が見切れたり、舞台演出がいまいちわかりづらかったりします。

夜公演で舞台上の演出(プロジェクションマッピングを使用)がよくわかりました。
2階席も演出を楽しむのにいいかも。
名古屋公演では2階席を取ってみようかな。
横浜公演は行く元気がありません。初めての場所で日帰りはきつい・・・。


あ、キャスト表にある、ミスターZって、劇中でマエストロなんとか~って呼ばれている人のことですか?
ロシア語の名前っぽくて長くて覚えられない・・・。


今回はオペラグラスを忘れたのが痛恨のミスでした。
知っている俳優さんがたくさんいるはずなのに、見分けられなかった~。
初めての劇場は、自分の席の位置がよくわからないし。できるだけ荷物を少なくしたかったしさ~。甘かった~。

名古屋公演の頃になったら、キャストもいろいろ変わっているだろうし、加藤さんまた見られるかな~。松島さんはいつから登場するかな~。


これでしばらくは東京ともお別れです。
アラジン観たいな~、とは思うんですけどね・・・。













nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。